お任せ!下肢静脈瘤の専門治療


home > 下肢静脈瘤について > 下肢静脈瘤は決してコワい病気ではない

下肢静脈瘤は決してコワい病気ではない

 脚の血管の中の弁が壊れ、血液が心臓に戻りにくくなり、滞留や逆流した血液によって血管が膨らんでしまうのが下肢静脈瘤ですが、命取りする疾患ではありません。
しかし、外見に問題が生じるため、コンプレックスになるようです。
ボコボコと膨らんでいたり、色素沈着していたり、マッサージやストレッチを怠ることで周囲の皮膚がカタくなってゴワつくこともあるようで、健康問題から美容問題に移行しています。
下肢静脈瘤の症状も、脚が怠くなり、浮腫み、こむら返りまで様々です。
医療機関では、軽度・重度によって、どんな治療法が有効であるのかを説明してくれます。
今や、血管に硬化剤を注射、血管を塞ぐ治療法であれば、日帰りで事足りるようです。
大きな病院の場合には、検査から手術までに時間がかかるイメージがありますが、小回りの利く病院であれば、初診時に検査から手術日を決定、治療も1日で済むので、早い社会復帰を望む人に向いています。

 最も気になる部分を超音波で確認してくれたり、両足を丁寧に診てくれるなど、美的問題もあるため慎重に診察してくれます。
血管の逆流が生じていれば、硬化剤による治療よりも血管を抜去する方が良い場合もあり、治療法にはメリットもデメリットもあるので、理解や納得できるまで説明を受けましょう。
誰もが、血管を抜去することに躊躇しがちですが、下肢静脈瘤が発症するのは支流となる静脈です。
主流は深部にあり、静脈血は心臓にしっかり戻るので、取り除いても問題ありません。
また、緊急性のない場合が多いのも下肢静脈瘤の特徴、見た目さえ気にならなければ、手術は強制的ではないため、弾性ストッキングを使うことで症状はラクになります。
手術に踏み切るのには、脚の怠さ、こむら返りなどの症状に耐えれない場合が多いようです。
軽度から中度の症状なら弾性ストッキング、ソックスで進行を抑えることも可能です。
いつでも着用でき、脚が怠く重くなれば履く、ラクになれば脱ぐ、通常履いているソックス同様に使ってみて、状態が改善される場合には脚の違和感が下肢静脈瘤に原因がある、そうした判断さえもできます。

 弾性ストッキングは、脚の浮腫や怠さなどの症状を軽減させるだけでなく、下肢静脈瘤の悪化を防ぐこともできます。
出産を経験した女性に多いようで、ストッキングタイプが医療機関では提供されています。
このストッキング、リンパ浮腫に悩む人にもオススメで、長時間立って作業する時間が多い人に最適なようです。
長時間同じ姿勢であれは、足踏みをしたり爪先立ちをするなど、ふくらはぎの筋肉を動かすことを意識しましょう。
血流のパイプ機能は、足首からふくらはぎにかけて働きが大きく、心臓へ血液が戻りやすくなります。
ストッキングも特殊な編み方で、外側から圧迫するように作られているので、筋肉に刺激が加わり、静脈還流を手軽に改善できるようです。
足首から段階的に圧が弱くなるように設計されていますが、もちろん根本的な治療ではありませんし、リンパ浮腫の治療とは違い、保険対象外となる購入になります。
ですが、予防や改善できるならば、手術より医療用ツールをまずは試してみましょう。

ページトップへ