お任せ!下肢静脈瘤の専門治療


home > 下肢静脈瘤について > 下肢静脈瘤の治療法と手術後の留意事項

下肢静脈瘤の治療法と手術後の留意事項

 下肢静脈瘤というのは、静脈の中にある血流をサポートする弁が異常になり、足の血液自体が溜まり、足の静脈血管が浮き上がってきて目立っている症状になります。
足がつるそして、むくむまた、疲れやすいや皮膚が変色などは下肢静脈瘤の特有の症状になります。
放っておくと、だるさやむくみ、さらにかゆみや湿疹が発生して、重症化すると、皮膚そのものが黒ずみただれます。
結局最後には出血や潰瘍にまで結び付くこともあります。
下肢の血液に関しては、足の運動により心臓へと戻ります。
さらに静脈は、逆流に歯止めをかけるための弁がセットされていて、血液が下へ逆流しないように止めています。
こうした逆流防止弁については、壊れ易く、これが影響を及ぼして逆流し、足に血液が溜まり、静脈がこぶのように膨れ上がることになります。

 下肢静脈瘤の療法に関しては、保存治療及び 手術があります。
医療向け弾力性ストッキングを使用した自宅治療については、下肢静脈瘤の進行に歯止めをかける効果はあるわけですが、快復させる有効性は期待できず、着用している間しか効果的ではありません。
だるさやむくみそして、けいれんや皮膚の色素沈着また、潰瘍のある方は、 手術が望ましいといえます。
手術は、症状により術法が違います。
さらに、日帰りを望んでいる場合は、レーザー治療がお薦めです。
一方、医療向け弾力性ストッキングは、 特徴のある編み方によって、足を圧するようになっています。
下肢静脈瘤が重くなるにつれ、圧迫圧の非常に強い弾力性ストッキングが利用されます。
医療向け弾力性ストッキングについては、病を患っている方各々の特有の症状により多種多様なタイプがあります。
ですから、医者の指示で最適なものを利用することが重要になります。

 足のだるさそして、むくみやけいれんそれから、炎症や皮膚の色素沈着また、潰瘍のある人は、手術が最適です。
伏在静脈型のケースでは、ストリッピング手術或いはレーザー治療が向いています。
また、 網目状あるいはクモの巣状静脈瘤のケースでは、硬化療法 が適しています。
そして、手術後の痛みはほとんど見受けられません。
手術した後は1日から2日間は、内服役もしくは座薬を用います。
痛みに関しては辛抱すると、のちのち痛み止めを飲用したとしても効果がすこし悪くなります。
痛みに関しては我慢しないほうが望ましいといえます。
シャワーについては包帯をはずした日から可能となります。
入浴に関しても包帯をはずして3日目から何の問題もありません。
手術の次の日から家事やデスクワークぐらいは可能だと言えますが、2~3日は休養することが必要となります。
ウォーキングなどは2週間をすぎてからにした方が良いでしょう。

ページトップへ