お任せ!下肢静脈瘤の専門治療


home > 下肢静脈瘤について > 下肢静脈瘤の治療に関する基礎知識

下肢静脈瘤の治療に関する基礎知識

 下肢静脈瘤の治療法については、原則として下肢静脈瘤に因るなにかしらの自分で気付く症状があるケースで行うことになります。
具体的にいいますと、だるさであるとかむくみそれから、瘤の痛みそして、下肢のけいれんや皮膚症状などが見られるタイミングで実施します。
血管そのものが浮き出ても自分で感じる症状がほとんどない状況では、迅速に治療を実施する必要性はなく、経過をみることが少なくありません。
そういった場合には、弾性ストッキングあるいは着圧ソックスの装着といった、足を外部から圧して不必要な逆流がないようにする対症療法を日中の間の活動時間に実施することや、椅子に腰かけているときに足を座面と一緒くらいの高さにあげる運動を取り入れるという生活様式の工夫をしっかりと行います。

 下肢静脈瘤の治療について、現在ではレーザーもしくは高周波を活用して血管を閉塞させる血管内治療が最優先というものになります。
これ以外に、瘤の部位を小さい複数の傷によって抜く瘤切除術であるとか、瘤に対して硬化剤を注ぎ込み閉塞させる硬化療法、さらに伏在静脈を抜くストリッピング術や伏在静脈の根元を縛り切る高位結紮術などが挙げられます。
どういった療法を選ぶかは、瘤の種類や治療して貰う医療施設によって違いがあります。
血管内レーザー焼灼術と言いますのは、血管内に対してカテーテルを入れ、逆流が発症している血管をレーザーを利用することによって焼灼・閉塞させる施術になります。
血液が流れない血管は、時間が経過するほどに小さくなります。
利用されるレーザーには種類があり、保険適用で使用可能なものもあります。
血管内レーザー焼灼術で治療することができない小さな静脈瘤は、硬化療法を実施することがあります。

 下肢静脈瘤においては、治癒した部位が再発することはあまり見受けられません。
しかしながら、静脈に関しては網の目のように拡大していることから、治していない部位の静脈がふたたび下肢静脈瘤になることは可能性としてあります。
いずれにしても、下肢静脈瘤につきましては生死にかかわる病気ではありませんが、進んで皮膚潰瘍などが引き起こされると、とても強い痛みを伴います。
そして、日々の傷の対処が入り用となり、治療そのものにもたくさんの時間を必要とします。
その結果、なにかしらの皮膚における症状が現れた場合には、近辺にある医療施設を受診することが非常に重要になります。
とりわけ、足の内のくるぶしすぐ近くが茶色くなる色素沈着の症状そのものは、皮膚潰瘍のサインであるため気を付ける必要があります。

ページトップへ