お任せ!下肢静脈瘤の専門治療


home > 下肢静脈瘤について > 下肢静脈瘤が発症する要因と治療法

下肢静脈瘤が発症する要因と治療法

 下肢静脈瘤というのは、足の血管そのものがコブが存在するのと同様になる病気です。
生命に影響を及ぼすことはない病態ですが、いつの間にか癒えることはありません。
外見上の悪さを意識されるケースが多いですが、他の特有の症状としてだるさであるとかむくみそして、しびれや湿疹また、潰瘍などが起こります。
下肢静脈瘤は薬を利用することによって治すことは出来ず、手術ぐらいしかありません。
非常に大きくコブがふくれあがる伏在型(ふくざいがた)静脈瘤とそれ以外で分けられます。
伏在型静脈瘤は、コブが小さい内には別の症状があまりありませんが、段階的にコブは拡大して行き、だるさやむくみなどの特有の症状が発生しはじめます。
伏在型静脈瘤以外には、側枝静脈瘤、くもの巣状静脈瘤、網目状動脈瘤などが存在します。

 血管は、心臓より体へと血液を送り込む動脈と、体から心臓へと返す静脈があります。
下肢静脈瘤については、足の静脈に生じる疾病です。
足に関しては心臓より遠い所にあって、その上地面にとても近いことから重力の影響が小さくない箇所です。
足の静脈については重力に反して、遠い所から血液を心臓へと戻すことが求められます。
散歩など足を曲げたりすると筋肉そのものが収縮して、その圧で静脈の血液は上の方へ届けられますが、行く途中まで戻した血液が下に戻らないよう、弁がついており、これによって逆流を阻止しています。
下肢静脈瘤とは、こうした弁がなにかしらの理由で機能不全になったことで発生します。
弁が損傷を受けていると逆流をストップする力が働かないことから、血液については脚の静脈に貯まって、むくみが生じたり、血管に溜まった血液でコブが存在するのと同様にふくれます。

 近頃では下肢静脈瘤の逆流を軽くするため、下肢静脈を抜去あるいは閉塞する手術を実施します。
逆流が緩められることで、むくみやだるさそれから、色素沈着や潰瘍などの特有の症状が改善されます。
多種多様な手術方法があり、症状そのものにしたがって一番よい治療法を選定します。
そして、レーザー治療が最近注目されています。
弁不全を発症している静脈に極めて細いレーザーファイバーを入れ、静脈内を熱を活用することによって焼いて閉塞させます。
そして、焼かれた静脈に関しては数ヶ月かけて繊維化させます。
また、硬化療法があります。
血管に対して硬化剤を注射し、それを踏まえて圧迫包帯を巻き血管を固め静脈瘤に対処します。
固められた血管は日数を費やして委縮し、無くなります。
注射及び圧迫包帯のみですので簡単に受けられ、傷についてもほとんど残りません。

ページトップへ