お任せ!下肢静脈瘤の専門治療

下肢静脈瘤でお悩みの時

歳を重ねるごとに健康な人でも老いは生じてきます。病的なものではなく、男性の方であれば毛髪が薄くなってきたり、女性の方であれば肌がくすんできたりすることを老化現象といいます。老いは避けては通れないものですが、軽減できるものもあります。

最近、自分の脚を見て青紫色に変色しているところがあれば、それももしかしたら老化現象かもしれません。下肢静脈瘤といい、脚にある血管が老化してしまい、血液をうまく心臓に戻せなくなるもののことを言います。静脈には血液が逆流しないように弁が存在しますが、それが働きづらくなり逆流をもたらします。

そうすると脚の血行が滞ってしまい、肌の色が青紫色になって見えてしまいます。それは生命に関わるものではありませんが、女性であればスカートを履いた時などに気になる方もいるはずです。それを軽減する手術もあり、さまざまな医療機関を比較すると日帰りでできるところもあります。時間的に厳しい方はそうすることをおすすめします。

赤羽静脈瘤クリニック

赤羽静脈瘤クリニックには1000例以上の下肢静脈瘤の治療を行ってきた、実績のある医師がいます。専門医だけが治療を行っているので、この医師を信頼して大丈夫だろうかと心配する必要がなくて、すぐにでも治療を依頼したくなると好評です。

下肢静脈瘤を治療した跡形が残らないように、赤羽静脈瘤クリニックは患者の肌や、血管の状態に合わせて治療法を変えています。肌が白い状態を保ちながら、血管のコブを小さくしたい時にも便利なクリニックとして人気も高いです。

体質に合わせて麻酔の種類を選べるように、6種類のオリジナルの麻酔法を実践している赤羽静脈瘤クリニックなら、痛みや痺れを心配せずに治療を受ける事が可能です。麻酔の専門知識を持つ医師が麻酔を扱うので、医療ミスも心配せずに下肢静脈瘤を治せます。

お茶の水血管外科クリニック

お茶の水血管外科クリニックは下肢静脈瘤の専門クリニックとなっており、足の血管が浮き出る症状でお悩みの方にピッタリな治療先です。クリニックは御茶ノ水駅から歩いて1分の場所にあるため、通いやすいのも魅力です。

外科はもとより、血管外科ではとりわけ数が少ない女性ドクターが在籍していることも、お茶の水血管外科クリニックの特徴です。さらに、このクリニックでは特殊な麻酔法によるストリッピング手術を確立したことから、高齢者でも安全に受けられる日帰り手術が提供されています。

ストリッピングの日帰り手術は平均して概ね50分程度と施術時間が短く、術後は当日から普段の生活が行えます。また、診察は完全予約制のため、初診の際は電話予約が必要です。予約受付および診療時間は、平日が9時から17時、土曜日は9時から16時までとなっています。

横浜旭中央総合病院

手術をすると、時間がかかってしまったり、身体に負担がかかるのではないか、と心配になってしまいますが、横浜旭中央総合病院では、質の高い診断をしています。一人ひとりに合った診断をしているので、安全性が高いです。

症状によって、治療の内容が変わりますが、下肢静脈瘤は、日帰り手術も可能ですし、医師の技術力も優れているので、安心してください。アドバイスをするときは、時間をかけて、丁寧にサポートするので、信頼できます。

治療をするときは、症状の経過を観察してから、考慮します。場合によっては、手術をしなくても、症状を和らげることができるので、精神状態を安定させて、治療を受けることができます。

江戸川病院

医療レベルが高いため、安心して下肢静脈瘤の治療を受けられるのが、江戸川病院の下肢静脈瘤センターです。このセンターでは傷跡が少なくて済むレーザー治療など、それぞれの患者にとって最適な治療法が提供されています。

江戸川病院は昭和7年に開設して以来、地元に密着した医療と福祉のセンターを目標とされており、「みんなのしあわせと思いやり」を合言葉に掲げられています。また、東京都指定二次救急医療機関になっていることも大きな特徴です。

診察は予約制となっており、電話で予約できます。外来の診療受付時間は月曜日から金曜日が、午前8:20から11:30、午後は0:00から4:00となっており、土曜日は午前のみで8:20から11:00です。日曜と祝日は休診日になります。

寺田病院

下肢静脈瘤センターを設けるのは、肛門外科を軸に診療をする寺田病院です。日帰り手術から、多忙ならば土日を利用して1泊2日の入院手術にも応えてくれます。最新でも保険が利く魅力のあるレーザーを使用しており、術後の内出血も少なく、両下肢同時治療も可能にしています。

下肢静脈瘤カスタムメイドと評判で、レーザー治療ができない下肢静脈瘤や、切らない下肢静脈瘤治療までが行われています。また、他院にて治療を断られた場合にも、小切開手術の提案も行ってくれます。もちろん、手術を望まないのならば、治療用アイテムや薬の処方で応えてもくれます。

下肢静脈瘤については、メール診察室を設けていて、誰もが気軽に問い合わせできます。寺田病院の受付時間は、午前8:30~12:00・午後14:00~17:30です。病床数は50床ですが、清潔で快適な空間ですし、各診療科に女性医師や女性スタッフもおり、優しい診療体制もウリです。

国立循環器病研究センター病院

下肢静脈瘤ができると血流が悪くなってしまうので、疲れやだるさも生じてしまいます。国立循環器病研究センター病院には下肢静脈瘤専門外来があるので、スムーズな診断を行い、治療方法も色々あるので提案をしながら最善の方法で対応しています。

下肢静脈瘤の受診をする場合、初診は第1、第3木曜日を選んで受診をしてください。また専門外来は毎週木曜日に診察を行っています。専門医が診療を行っているので安心をして受診をすることができるようになっています。

専門外来で対応はしていますが、複数の診療科と連携をして対応をしているので、他にも疾患がある場合には相談しやすくなっています。安心して治療を行うことができる環境が整っています。

下肢静脈瘤は女性に多い病気だから予防が必要

下肢静脈瘤は、膝裏やふくらはぎの内側の血管がモコモコとこぶのように盛り上がったり、クモの巣状に血管が浮き出るなど、見た目に分かる症状だけでなく、痛み・つる・むくむなどの症状もあります。内面にも表面にも症状が出る人もいれば、むくみだけの人もいるため、自己判断は禁物です。少しでも違和感があれば、かかりつけ医に相談してみましょう。また、男女比では圧倒して女性に多く、しかも40歳以上の女性が発症しています。世間一般的には、出産を経験している女性で、妊娠中に大きくなったお腹が、脚のつけ根の静脈を圧迫してしまい、逆流防止弁がダメージを受けてしまうことが原因のようです。またリスク因子としては遺伝性が高く、母親に静脈瘤があるのなら発症しやすい可能性も少なからず高まりそうです。血管内焼灼術なる治療は、レーザーで下肢静脈瘤を塞ぐのですが、傷もほとんど残らず、しかも術後の回復も早く、歩行もできるために日帰りが可能です。この内容は、家事、育児や介護、仕事も休めない、こうした女性のニーズに対応しているのではないでしょうか。

治療ではないにしても、軽度であるならば、またはリスク因子があるのなら、下肢静脈瘤の予防や改善に努めることも必要でしょう。長時間の立ち仕事や座位などは、事務系、デスクワーク中心の女性ならではの姿勢です。脚を上げて休憩ができれば良いのでしょうが、それがままならないのなら、弾性ストッキング着用による圧迫療法も考えてみましょう。また、脚を上げなくとも、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用を促すストレッチは効果的です。入浴後ならばなお効果的でしょう。また、つりやすい女性にとっては、足首をクルクル回したり、つま先を上げ下げしたりしましょう、それだけでもつりにくくなります。血管の負担を軽減し、心臓への血液の戻りを促すには、仰向けに寝て、両脚を上げて小刻みにプルプルさせるだけでも大丈夫なようです。

予防できるに超したことはありません。最も重視すべきは深部静脈圧が増大し、合流する弁への血液圧が負担になり、ダメージを受けないことでしょう。ふくらはぎの血管だけの問題ではなく、静脈の機能低下も考慮しなければなりません。実際、下肢静脈瘤に悩む女性の血管は、伸び切っているそうです。ドロドロとした血液は、それだけ粘度があり重いもの、サラサラの血液であれば負担も少なくなります。運動療法のみならず、要となるのは食事療法です。下肢静脈瘤を紐解いてみれば、とある研究者たちは血管の老化を防ぐことが予防になる意見を交換しています。静脈を若々しく保つには、血管の健康というように、動脈硬化などにはあまり固執せず、ビタミンやポリフェノールなど、静脈強化を目的とする栄養素を摂り入れましょう。例えば、血管壁を強化・拡張を防ぐのはビタミンP、血液をサラサラにするにはEPA・DHAです。

ページトップへ